タグ:玉葱・ネギなどユリ科の野菜 ( 14 ) タグの人気記事

衝撃の事実

f0215903_1624843.jpg

今年はニンニクがたくさん採れました。
去年より小さめですが、味、形、色はよく、上出来です。

私 「今年はニンニクの醤油漬けでも作ってみようか。 
   でも、あんまり好きじゃないからなあ、私。
   作ってもビンに入ったまま結局食べずに、一年経っちゃったりするんだよねぇ。」

夫 「えっ、俺、いくらでも食べるよ! ニンニクの醤油漬け好きなんだよね~!」

私 「えっ、え~! そうなの!? そんなんいままで全然知らんかったわ!」

・・・結婚8年目にして今、明らかになる、衝撃の事実!
毎年ニンニク余ってたのにね。

f0215903_1612317.jpg


「それならたくさん作ってあげる♪」 と意気込んで作り始めたのだけれど・・・。
結構薄皮むくの面倒なのね。
ま、こんなもんでいっか、とすぐにやめてしまって、
結局小さいビン2本しか出来ず。

・・・結婚8年目の梅雨の出来事でした。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2012-06-27 16:20 | 宮内農園のまかない料理

疼く

最近、歯が痛む。
昨年5月ごろ、昔虫歯になって治療したところがまた悪くなって、頬が漫画のように腫れて、大変な思いをした。
そこがまた痛む。

「また歯が痛み始めて・・・」 と夫に話すと、
夫、ニヤッっと嬉しそうにこう言う。
「春だからだよ。」
-え?
「ほら、ネギなんて見てごらん、冬の間と違って葉が青々してきて。 ちょっと前まで乾燥していたけど、雪なんて降って土に水分もあるし、陽射しも強くなってずいぶん春らしくなってきたからね。 色んなものがうずくんだよ。春だからねぇ。」

目を輝かせてそう語る夫を見ながら、
「私の歯はネギじゃない!」 と私は心の中で叫んだ。

f0215903_22384840.jpg

f0215903_22391021.jpg

確かに
ネギは青いし、ターサイには花芽がつくし、春めいてきましたね。

f0215903_22411148.jpg

ちょっと前のまかない
○さつま芋と人参のサラダ: 娘作。保育園のクッキングで教わった一品。 さつま芋と人参を蒸して、マヨネーズで和える。

○茹で鶏とドライミニトマト: 鶏胸肉を塩茹でしてそのまま冷ましてスライスして、ドライミニトマトをきざんだものとそのオイルをかける。 もう少し塩味がきいていてもよかったな。次回への反省。

○白菜と大根と八つ頭のスープ

f0215903_22473198.jpg

○フライド八つ頭

○聖護院かぶと豚肉の炒め物

○白菜の甘酢漬け: 子らの大好物で、わが家の定番メニュー。

○大根とキャベツの味噌汁: 大根の端っこと、キャベツの真ん中ちょっとが残っていたので。 

f0215903_22494262.jpg

こちら先日のバレンタインデーのチョコパウンドケーキ。
年々手抜きになっていくような・・・。
結婚して8回目のバレンタインデー。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2012-02-19 22:53 | 畑の様子

畑の花

f0215903_2235568.jpg


畑に咲くこの野菜の花、何の花だと思いますか?
f0215903_225680.jpg


「可憐」 「清楚」 「純真」、そんな言葉が連想されるような・・・。
どこかはかない美しさというか・・・。

さて、この花の名は、
f0215903_2284821.jpg


『ニラ』 です。
いやあ、野菜は見かけによらぬもの、こんな可愛らしい花を咲かせます。

f0215903_2212558.jpg


花ニラを食べてみよう、と夫がつぼみを摘んできてくれました。
ニラは食べますが、花ニラは初めて。
『花ニラ玉』を試しに作ってみました。
f0215903_221539.jpg


「所詮、ニラでしょ」 なんて思っていたのですが、いやあ、これがニラ以上に美味しくて、びっくり。
花ニラを軽く見ていました、すみません。
柔らかで、香りよく、甘みがあって、ニラとニンニクの芽のよいところだけを集めたような味です。
すっかり花ニラ好きになりました。

それほど多くの量のニラを育ててはいないので、セットには入れられませんが、そのうちたくさん作ってお送りしたいなあ、と思っております。
乞うご期待!

f0215903_22224759.jpg


今晩のまかない

○花ニラ玉: 花ニラ、玉子、オイスターソース、砂糖、しょう油、みりん、塩

○ゴーヤの胡麻酢和え: ゴーヤ、ミョウガ(いただきもの)、大葉、胡麻、酢、砂糖、しょう油。 ゴーヤは塩もみして塩水に漬けておいてしぼっただけ。苦かった。さっと茹でた方が食べやすいかな。

○胡瓜とミニトマト: もう採れなくなったミニトマトだけれど、夫が久々に見に行ったら少しだけ生っていたということで、採ってきてくれました。

○味噌汁: そうめん(昼の残り)、ネギ(枯れた苗を土の上に捨てたら元気な細ネギになったもの)

涼しくなって、お味噌汁がおいしいなあ、と感じる今日この頃。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-08-27 22:32 | 畑の様子

わが家のお坊ちゃま

f0215903_2155311.jpg

ミニサイズの坊ちゃんかぼちゃ。
まだ生りたてのお坊ちゃま。
キュウリのネットのトンネルを利用しているので、カボチャがぶらさがるようにして生ります。

f0215903_2212672.jpg

こちらは晩のまかない。
娘がお泊り保育とやらで外泊。
一人っ子状態を満喫するわが家のお坊ちゃまからのリクエスト料理。

○枝豆: お坊ちゃまのリクエスト。

○きゅうり(黒さんご): お坊ちゃまのリクエスト。キュウリがてんこ盛りにのっている皿を台所で見つけた夫、「これ、このまま持っていくの?」 私、「ん?それが何か?」 というやりとりがあった。 塩をつけながら食べる豪快な料理。でも黒さんごはこうやって食べるのがおいしい。

○手羽先の照り煮: お坊ちゃまのリクエスト

○サラダ: こちら大人向け。 赤かぶ、赤玉葱スライス、大葉、塩、酢、作り置き麺つゆ、菜種油。最近赤玉葱と何かのサラダがおいしくて・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-06-23 21:54 | 畑の様子

春は草取り

f0215903_1662786.jpg

春は草取り
どんどん生い茂る雑草に負けじと草をとる。
今日はネギの苗を救出する。

今日のように暖かな日は、草取り日和。
背中に太陽の光を浴びて、草取りに励む。

f0215903_166484.jpg

てんとう虫。
まだ飛び回るほどの元気はないようだけど、草を這うようにして遊ぶてんとう虫がいっぱい。

f0215903_167524.jpg

こちらは、いつのまかないだろうか。
写真をとったものの、そのままで載せられなかったもの。3日ほど前かな。

○長芋の煮物: いつもお世話になっている田中農園さんにいただいた長芋。 あまりに立派な長芋に感激。おいしいなあ、長芋。 長芋作りたいなあ、うちも。

○豆腐のフワフワ焼き: 豆腐、ネギ、卵、小麦粉、片栗粉でお好み焼きみたいに焼く

○人参のサラダ: 人参、塩、酢、菜種油、ツナ缶

端境期は献立を考えるのがつらい・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-03-02 16:08 | 畑の様子

娘、5歳

「晩ごはん、何が食べたい?」 と、娘に聞くと、
「白いごはんと、お漬物。」
「おかずは?おかず、何が食べたい?」
「ネギの味噌汁」


とある寒い日。
私、「あー、お母さん、今日はちょっとのどが痛いな。風邪かな。」 と娘の前で話していると、
娘、「じゃあ、ネギを首に巻いたらいいんじゃない?」
・・・明治生まれの祖母が降臨したかと思った。

f0215903_14122216.jpg

本日のまかない

ネギ三昧。
下仁田葱はトロンと甘く、何に入れてもおいしくなります。
太短いので、首に巻くには不向きです。

○ かぶと下仁田葱のグラタン: かぶ(白かもめ)がおいしい!あまい!ネギもおいしい!

○ ねぎじゃが: これ、おすすめです! じゃが芋(マチルダ)、ネギ(下仁田)、豚バラ厚めを、炒めて、ひたひたの水足して、沸騰したら、酒、みりん、しょう油。 じゃが芋とネギの自然な甘みで、ほっこり、こってり、にっこり。

○ ほうれん草のお浸し: 夫作。ありがたや。

○ 味噌汁: 日野菜蕪と下仁田葱。 夫作。ありがたや。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-12-15 22:01 | 宮内農園のヒキコモゴモ

たまにはこんな日も

結婚してからもうすぐ6年。
農業という仕事柄、夫とは毎日一緒にいる。
畑で同じ作業をすることは少なくなったが、手をたたけば振り向くくらいの距離にいつもいる。
出荷作業の多い日は、顔をつき合わせて一日一緒に袋詰め作業をする。
朝も昼も晩も一緒にご飯を食べ、野良仕事の合間に一緒にお茶を飲む。
寒い日も、暑い日も、雨の日も、風の日も、腹の底から笑う日も、けんかして終日無言でいる日も、来る日も来る日もいつも一緒だ。

そんな夫が、めずらしく今日はいない。
「炭素循環農法」の勉強会とやらで、昼前から出かけている。

今日はわたし一人で昼ごはんを食べ、一人で袋詰め作業をし、一人でお茶を飲む。

ちょっと寂しくて、ちょっと嬉しい。


どちらかといえば、嬉しい。

f0215903_14411853.jpg

昨日の晩のまかない

○揚げ餃子: 皮は市販のもの。 豚挽き肉、ネギ、ニラ、レンコン(いただきもの)。餃子は好きだけれど、焼くのが苦手。揚げると楽ちんですね。

○里芋の八丁味噌炒め: 里芋を茹でて、八丁味噌、砂糖、みりんを合わせたもので炒める。里芋田楽風。里芋には八丁味噌が一番よく合うと思う。

○紅芯大根のサラダ: 紅芯大根、赤リアスからし菜、ルッコラ。酢、塩、胡椒、しょう油、菜種油。紅芯大根は生でパリパリ食べられて、おいしい。中があまり赤くなかったのが残念。

○味噌汁: 大根(源助大根)、ネギ(九条ねぎ)、わかめ


夫は、今日、晩御飯にはリチギに帰ってくるという。
ホッケでも焼こうかな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-11-27 14:42 | 宮内農園のヒキコモゴモ

里山の紅葉

f0215903_22524445.jpg
この辺りの紅葉は、今週が美しさのピーク。
どの道を歩いていても、どこを車で走っていても、どの角も、どの山も、美しい。
目の前に広がる田んぼ。
秋口に稲刈りを終えた田んぼには、再び青い稲がピョンピョンと生えるのですが、その稲が色あせて、田んぼの一枚一枚を薄いベージュで覆います。
その田んぼの向こうには、黄色や赤茶色や、茶色を絵筆で塗り重ねたよう広がる林があります。
集落の家々。
瓦の色、漆喰の壁の色、庭先のふくれみかんの色、庭木の紅葉。
そしてその向こうには、色とりどりの葉っぱで装った山々。
畑で草取りをするおばちゃんやおじちゃんの日に焼けた肌もすべて、里山の風景に彩りを加えます。
田舎の風景の美しさというのは、そこに人々の生活があるからこそ、美しいのでしょう。
この風景、10年後、20年後、30年後・・・、どうなっているのかなあ、と、ふと不安になったりします。

上の写真は、わが家の窓からいつも眺める山。
f0215903_22525746.jpg
そしてこちらは、火曜日のまかない

○ネギと春雨の春巻き: 中身はネギ、春雨、しょう油、オイスターソース、砂糖、みりん。本当はネギと春雨をいためただけで終わろうと思ったのだけれど、あまりにもおいしくなさそうだったので、急遽春巻きで包んで揚げる。春巻きって便利ですね。

○春菊と柿の酢の物: わが家の定番。春菊、柿、酢、砂糖、しょう油、みりん、塩。食べる直前に和える。時間が経つと色が悪くなるので注意。うちの子らは、これが大好き。

○からし菜(ぴりぴり菜)のごま油炒め: うーん、ぴりぴり菜はお浸しや胡麻和えなんかのほうが、おいしいような気がする。

○蒸かし芋(小金千貫): 娘のリクエスト。芋は蒸かすだけにしてくれと、念を押された。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-11-25 22:59 | 畑の様子

お寒うございます

f0215903_153577.jpg
昨日の晩からえらく冷え込み、今朝は畑が霜で真っ白。
今シーズン一番の冷え込みとなりました。
夜な夜な更新することの多いこのブログ、ここのところ夜が寒くてなかなか更新できずにおりました。

それにしても、寒くなって、大根やかぶなど根菜のおいしいこと!
そして、ネギのおいしいこと!
寒さで野菜の味がのってきたというのもありますが、体が欲しているのでしょうね。
五臓六腑に染み渡ります。

昨夜のまかない
○鶏のからあげ: 娘のリクエスト

○九条ねぎ(細)の胡麻酢味噌和え: ネギ好き、そして酢味噌好きの私が一押しする九条ネギの酢味噌和え。胡麻も加えて。
胡麻をすって、砂糖、味噌、酢、みりんを加えてすり、そこへ3~5センチ程の長さに切ってさっとゆでて水気をしぼったネギを入れて、和える。
甘くて柔らかい、この九条ネギ、脇役でもいい味出しますが、主役でもこれまたいいお味。

○青大根のサラダ: 青大根、ちりめんじゃこ、自家製全卵マヨネーズ。
今年初めて育てた青大根。生でパリパリ食べたらおいしかったので、細切りして、塩振っておいておいて、水気絞って、じゃこと一緒にマヨネーズで和えてサラダに。
青大根はおいしいのだけれど、育てるのがちと難しいようで、なかなかまともなものが採れず。

○水菜と油揚げの炊いたの: 水菜、油揚げ、酒、しょう油

○味噌汁: 大根、油揚げ

○黒米入りのご飯
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-11-16 15:07 | 宮内農園のまかない料理

かぶと鮭のクリームシチュー

日曜日、台風一過ですっきりと秋晴れ! とはいかず、グズグズしたお天気。
さて、和風というか昭和風のまかないが多い我が家。
今日は洋風にしますわよ! ということで、かぶと鮭のクリームシチューに。
かぶも鮭もおいしいこの時期、食べたくなるメニューです。
子らも喜んでくれるかなあと期待しつつ。
f0215903_1745427.jpg
まずはホワイトソースから。
我が家では、中華鍋と泡だて器で作ります。
底が丸いのでまぜやすく、だまになりにくい。
f0215903_1753081.jpg
そして、野菜をにた鍋に投入。
野菜はじゃが芋(キタアカリ)、玉葱、かぶ、かぶの葉っぱ。シンプル。あるものだけで。
野菜を煮るのはやっぱり土鍋です。
煮汁を中華鍋に少しいれて、ホワイトソースとまぜてから、ホワイトソースを土鍋に投入します。
塩、胡椒、そして隠し味に味噌を少し。
うーん、洋風のはずが、なにかどこか和風の域から出られない。
でも、味噌ってホワイトソースに合いますのよ。お試しください。
f0215903_175521.jpg

本日のまかない
○クリームシチュー
○ベビーリーフのサラダ

4歳の娘、クリームシチューが嫌いとかなんとかいって、一口も食べず。
母(わたし)、キレる。「もー、ぜったいシチューなんて作らないからねっ!」
・・・うちの子らは、味噌和えとか、煮物とか、茶色いおかずが好きらしい・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-31 22:53 | 宮内農園のまかない料理