タグ:人参・ごぼう ( 13 ) タグの人気記事

年も明け・・・

年も明け、久々に更新しております。
ご挨拶遅れて申し訳ございません。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ちょくちょくブログをのぞいてくださった方々、
コメントをくださった方々、
ありがとうございました。
お返事が大変遅れまして、申し訳ございません。
今年もまた、気ままに更新してまいりますので、
これからもよろしくお願いいたします。

ここのところのまかないでございます。

f0215903_21543698.jpg

○人参と聖護院大根の皮のかき揚げ: 娘のリクエスト。娘のリクエストはいつも渋い。 人参、聖護院大根の皮、細~く切って、小麦粉、片栗粉、水の衣でカラリと揚げる。サクサク、パリパリ。

○白菜の甘酢漬け: N様のレシピ。わが家の定番になりました。 白菜、人参、生姜、塩、砂糖、酢、最後にごま油とサラダ油を熱したものをジュッとかける。 白菜一玉すぐになくなる、わが家の人気メニュー。

○土鍋に入った味噌汁: 聖護院大根、石倉一本ねぎ、白菜。 土鍋に入れて、どんと食卓に置くと、部屋も体も温まります。


f0215903_21592275.jpg

○三浦大根の炒め煮: この時期の大根は甘くておいしい! 大根を炒めてひたひた水、鰹節を一握り、煮立ったら酒、みりん、しょう油で煮る。 それだけで十分味がある。

○紅芯大根の甘酢和え: 紅芯大根細切り、りんご細切り、塩、砂糖、酢で和える。 シャキシャキして、色もきれいなおいしい一品。 でも大根ばかりのメニューだな。

○豚入り味噌汁: 豚肉、白菜、ねぎ。


f0215903_2235215.jpg

○鶏から揚げ: 先日聖護院かぶのたまり漬けを作り、その残った漬け汁に鶏肉を漬け込んでみる。これが以外においしくなって、肉も柔らかく揚がってびっくり! 貧乏性は発明の母である。

○紫キャベツの甘酢漬け: 紫キャベツが少し採れました。 紫キャベツをせん切りして塩漬けしたあと、砂糖、酢、にんにく、塩、白胡椒、オリーブオイルで和える。 

○黄金千貫: 蒸しただけ

○味噌汁: 聖護院大根、里芋。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2012-01-29 22:10 | 宮内農園のまかない料理

ツクツクボウシの鳴く声と

f0215903_228429.jpg

ツクツクボウシの鳴く声が日増しに大きくなって、辺りの景色もすっかり秋めいてきました。
トウモロコシの雄しべにとまるトンボ。
空にはトンボ、足元にはバッタがたくさん。
f0215903_22113564.jpg

空高くどこまでも伸びようとする胡瓜の蔓。
3回目に蒔いた黒さんご。
涼しくなってくると、なかなか採れなくなってくる胡瓜。
f0215903_22135524.jpg

胡瓜の赤ちゃん。
早く大きくなっておくれ。
f0215903_2218543.jpg

ごぼう。
炎天下で草取りをしたかいがありました。
美しく大きく育っています。葉っぱは。
根っこはどうでしょう。
ゴボウのキンピラや、かき揚げなんかがそろそろ食べたくなってきました。
f0215903_2221138.jpg

ねぎ。
ねぎ入りの味噌汁なんていいですね、涼しくなってくると。

畑の野菜も少しずつ秋めいてきます。
食卓でも季節の移り変わりを感じていただけると嬉しいです。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-09-07 22:40 | 畑の様子

春は草取り

f0215903_1662786.jpg

春は草取り
どんどん生い茂る雑草に負けじと草をとる。
今日はネギの苗を救出する。

今日のように暖かな日は、草取り日和。
背中に太陽の光を浴びて、草取りに励む。

f0215903_166484.jpg

てんとう虫。
まだ飛び回るほどの元気はないようだけど、草を這うようにして遊ぶてんとう虫がいっぱい。

f0215903_167524.jpg

こちらは、いつのまかないだろうか。
写真をとったものの、そのままで載せられなかったもの。3日ほど前かな。

○長芋の煮物: いつもお世話になっている田中農園さんにいただいた長芋。 あまりに立派な長芋に感激。おいしいなあ、長芋。 長芋作りたいなあ、うちも。

○豆腐のフワフワ焼き: 豆腐、ネギ、卵、小麦粉、片栗粉でお好み焼きみたいに焼く

○人参のサラダ: 人参、塩、酢、菜種油、ツナ缶

端境期は献立を考えるのがつらい・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-03-02 16:08 | 畑の様子

春にむけて

寒中らしい寒さが続いています。
寒い寒いといいながらも、畑は春に向けて準備を進めています。

今日は蕪や大根などの種まき。
秋冬が失敗続きだっただけに、春作は気合が入っています。
みずみずしい春の野菜をお楽しみに!

f0215903_224911.jpg
今日のまかない

○ごぼうチップス: ごぼうをうす~く切って、水気をふいて、素揚げ。揚げたてに塩。子らが激しくつまみ食いをする。

○白菜と鶏肉の炒め物: 白菜、鶏肉(もも)、塩、しょう油、みりん。 白菜から出てきた水分で煮る。 娘は汁がおいしいと言っていた。

○ほうれん草とちりめんじゃこの和え物

味噌汁がないね、と娘に指摘される。 おっしゃるとおり。ちょっともの足りないな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-19 21:55 | 宮内農園のまかない料理

レトルトに負ける

火曜日
出荷で朝から大忙し。
箱詰めして宅配業者さんに託した後も、明日朝出荷(農協さん、生協さん)の袋詰め作業が続き、夕飯をつくる時間もなく、急遽レトルトのカレーを買ってくることに。

子ら、大興奮、大喜び。
食卓の周りをいつまでも走り続ける。

f0215903_2148311.jpg
こちらは月曜日のまかない
子ら、揚げ餃子に少し喜んだけど、レトルトカレーほどではなかったな。

○ほうれん草とチーズの揚げ餃子: ほうれん草、ネギ、ピザ用チーズ、餃子の皮。 サクサク。

○人参のサラダ: 人参、塩、酢、菜種油。 新鮮な人参はシンプルに食べるほどおいしいと思う。

○鶏汁: 最近よく登場する鶏汁。 今回はごぼうのささがきを入れたら、いつもの鶏汁が一味違う! ごぼうってすごい。 鶏、白菜、ネギ、聖護院大根、ごぼう、みそ
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-18 21:30 | 宮内農園のまかない料理

雪です

f0215903_2244797.jpg
朝、なんだかまぶしいと思ったら、雪が積もっていました。
f0215903_2251793.jpg
午前中は、雪かきと、雪合戦と、雪だるま作成。
f0215903_2253764.jpg
小さい雪だるまをつくると、地面がでてくるくらいの積もり方だったけれど、一日たっても畑の雪は融けませんでした。
雪が降ると交通機能がマヒするように、野良作業もマヒ。
それでもなんとか明日農協と生協に出荷する分のほうれん草を確保し、ホッとしました。

f0215903_2255879.jpg
こちらは、昨晩のまかない

○ターサイと豚バラの塩炒め: ターサイの味がのっていますので、塩だけで十分おいしい。

○きんぴらごぼう: きんぴらごぼうは、うちの子ら大好き。ささがきにすると食べないのだけれど、細切りにすると食べる。理由はよくわからないけれど、子どもの噛む力ではささがきは食べにくいのかな。

○白菜の甘酢漬け: N様のおいしいレシピ! 白菜塩に漬けて、水しぼって、砂糖と酢、しょうがのせん切りと漬けて、最後に菜種油とごま油を熱々にしたのをジュッとかけて。 ほんとおいしい。

○赤かぶとネギの味噌汁: 赤かぶを煮すぎて不評。すみません。赤かぶはやっぱり甘酢漬けがよいかな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-16 22:07 | 宮内農園のヒキコモゴモ

寒中

寒中お見舞い申し上げます

年が明けて、もう一月も半ばになってようやくブログを更新しております。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、寒に入ってから、急激に冷え込みが厳しくなっています。
寒くなると野菜は見た目が悪くなりますが、野菜も人間も見た目ではありません!

例えばちぢみほうれん草。
寒さに耐えるために地面に張り付くように生えていて、葉がビラっとしていてなんだか変な形ですが、これがおいしい!
ほうれん草って甘いんだ~!と思っていただけると思います。
特に根っこ近くは甘くて濃い味がするので、根っこごとお召し上がりください。

じゃが芋も寒さにあたり、少ししわが入ってきましたが、じゃが芋も人間も、少ししわがあるくらいが味があってよろしいかと、鏡を見ながら、いえ、じゃが芋を食べながら思います。
しかしながら、傷みも入りやすい時期。
中が茶色いものは使い物になりませんので、お手数ですがご連絡くださいませ。

f0215903_1054382.jpg

こちら、木曜日のまかない
人参が少し採れ始めました。
順次お送りしていきます。

○人参のちぢみ: 人参、ネギ、小麦粉、卵、味噌、塩、胡椒。タレは酢としょう油、ごま油、胡麻。

○スティック人参: 小僧がつまみ食いする瞬間をカメラが捉える。 子どもらは生の人参大好き。

○ほうれん草とちりめんじゃこの炒めたの

○鶏汁: 土鍋に入った汁物、これぞ農家の冬のまかない。部屋もからだもポカポカに。 鶏、大根、ネギ、白菜、みそ。

年が明けても変わり栄えのない わがやの食卓。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-14 22:42 | 宮内農園のまかない料理

水菜と油揚げのハリハリ鍋

  秋深し
   喰うものうまし
    腹太し
f0215903_22532693.jpg

色づいた柿が枝もたわわに実る季節になりました。
今日は風が強くて、肌寒い一日に。
「こんな日は、何かあたたかいものが食べたいね」 などと夫は簡単に言うけれど、鍋料理ってほど寒くもないしねえ。どちらにしろ白菜もネギもないしねえ。
そんな夜にとても便利な小鍋料理、はりはり鍋。ハリハリ鍋といっても鯨肉は入っておらず、水菜と油揚げとお出汁があれば十分です。

土鍋に昆布とかつおの出汁をとり、酒、みりん、塩、しょう油でうどんの汁のような味にし、そこへ軽く油を切った油揚げを入れ、そして水菜を入れてさっと火を通したら出来上がり!簡単!
水菜の火の通しすぎにご注意ください。
今回鶏肉も入っていますが、油揚げと水菜の黄金コンビ、これさえあればおいしくなります。(出汁はきちっととったほうがおいしいです)
ちょっと肌寒いこの季節(そしてまだ宮内農園の白菜とネギがとれないこの季節)、重宝する料理です。
水菜をドサッとお召し上がりくださいませ。

本日のまかない
・ 水菜と油揚げのハリハリ鍋: 水菜、油揚げ、鶏肉

・ 葉ニンジンのかき揚げ: 間引き人参の葉、小麦粉、片栗粉、水。 不作の人参を間引いて。間引くなんてもったいないような気がするけれど、植え替えるわけにもいかないし。葉っぱのかき揚げはやっぱりおいしい。

・ さつまいもの塩蒸し: こどもらが保育園で掘ってきた薩摩芋。輪切りにして鍋に入れて塩と少量の水で弱火で蒸し煮する。 最後ちょっと焦がす。わざと焦がしたわけではなくて、焦がしてしまったのだけれど、ちょっと焦がすと焼き芋のような味になっておいしい。じゃが芋の塩蒸しもちょっと焦がすとおいしいですよ。ちょっとだけなら。




 
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-22 23:01 | 宮内農園のまかない料理

小暑の頃

小暑に入り、これで『小』なの?という暑さ。
湿度も温度も高い、こんなむし暑い季節は、雑草がグングン大きくなる。
「親戚の子は成長が早い」 とよく言うけれど、この時期、雑草もちょっと見ない間にびっくりするほど大きくなっている。
昨日は「まだ大丈夫、草取りは先に延ばそう」と思っていた畑が、今日見ると何の畑か分からないほど雑草が茂って、「あれっ、一日見ない間に、もうこんなに大きくなったの!? おばちゃん、びっくりやわ~」 。
こっちの畑の草を取って、あっちの畑にいくと、また草ボーボーで、「もう、おばちゃん、びっくりやわ~」。
2回目にまいたナスをみると、もう一番果が生っていて、「またおばちゃん、びっくりやわ~」。
久々に姪っ子に会ったときのように驚く。

f0215903_233943100.jpgごぼうの畑。
右の畝は、草取り前。左の畝は、草取り後。

f0215903_2340974.jpg草と里芋。

f0215903_23403037.jpg「つかまるものが欲しいよう」と訴える胡瓜のつる。
奥に一番果を生らせる2回目のナス。

f0215903_23405740.jpg去年のこぼれ種で勝手に大きくなった野良ひまわり。

もう、おばちゃん、びっくりばっかり。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-10 23:46 | 畑の様子

今日はかきあげ

f0215903_17359100.jpg
本日の晩のまかない、かきあげ。
中身は玉葱と人参と人参の葉っぱと、あとグリンピースです。
ふつうのかき揚げではありますが、中身が採りたての旬のものばかりで、ちょっと贅沢。
玉葱のかき揚げなので、衣は卵と粉と水でふんわり衣にしました。
実はわたくし、このふんわり衣のかき揚げが、とても苦手でして・・・。
いつも揚げ始めのものは、バラバラのベチョベチョになって再起不能。そこへ粉やら水やらたして、試行錯誤し、6個目くらいでようやく形のあるかき揚げになるのでした。
が、今日はなぜか1つ目からうまく揚がり、満足満足。

他のおかず
・ブロッコリーのサラダ: ブロッコリーと玉葱スライスを塩、胡椒、酢、しょう油、菜種油で和えてしばらくおいておいたもの
・スナップエンドウ: 茹でただけ。カメムシにさされたりして出荷できなかったものが大量にあった。
・味噌汁、ご飯
・・・ちょっとおかずが足りなかったな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-06-01 22:48 | 宮内農園のまかない料理