タグ:ほうれん草 ( 7 ) タグの人気記事

ツナタマレン スパゲッティ

ほうれん草をお送りしています。
毎週毎週、お送りしています。
しかも、「まほろば」 と 「ちぢみ」 2袋、お送りしています。
ほうれん草ばかりで、すみません。
でも、今が一番味が濃くて、甘みのある時期。
たくさんお召し上がりください。

ほうれん草はお浸しがいちばん味がよく分かるかと思います。
が、お浸しに飽きたお客様、よく洗ってザクザク切ったものを、生のまま根っこも一緒にバターで炒めてみてください。
お浸しとはまた少し違った甘さに、まるで長年連れ添ったダンナ様の新たな一面を発見したときのような、
「へぇ~・・・。」 という静かな驚きを感じていただけると思います。 
f0215903_1510110.jpg


スパゲッティにしてもおいしいです。
私の一押しスパゲッティ、「ツナタマレン」。
これは、昔むか~し、私が学生だった頃、大阪でバイトしていた(確か京都が本店だったな)スパゲッティとケーキのお店のメニューです。
ツナと卵とほうれん草とネギ(玉葱)、そこにマヨネーズをちょっと加えたもので、作り方も見た目もそのお店のものとは違うのですが、おいしいスパゲッティです。
数十種類あるスパゲッティのメニューのなかで、一番好きで、いつもまかないで出してもらっていました。なつかしい味です。
一度お試しください。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-02-08 20:56 | 宮内農園のまかない料理

春にむけて

寒中らしい寒さが続いています。
寒い寒いといいながらも、畑は春に向けて準備を進めています。

今日は蕪や大根などの種まき。
秋冬が失敗続きだっただけに、春作は気合が入っています。
みずみずしい春の野菜をお楽しみに!

f0215903_224911.jpg
今日のまかない

○ごぼうチップス: ごぼうをうす~く切って、水気をふいて、素揚げ。揚げたてに塩。子らが激しくつまみ食いをする。

○白菜と鶏肉の炒め物: 白菜、鶏肉(もも)、塩、しょう油、みりん。 白菜から出てきた水分で煮る。 娘は汁がおいしいと言っていた。

○ほうれん草とちりめんじゃこの和え物

味噌汁がないね、と娘に指摘される。 おっしゃるとおり。ちょっともの足りないな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-19 21:55 | 宮内農園のまかない料理

レトルトに負ける

火曜日
出荷で朝から大忙し。
箱詰めして宅配業者さんに託した後も、明日朝出荷(農協さん、生協さん)の袋詰め作業が続き、夕飯をつくる時間もなく、急遽レトルトのカレーを買ってくることに。

子ら、大興奮、大喜び。
食卓の周りをいつまでも走り続ける。

f0215903_2148311.jpg
こちらは月曜日のまかない
子ら、揚げ餃子に少し喜んだけど、レトルトカレーほどではなかったな。

○ほうれん草とチーズの揚げ餃子: ほうれん草、ネギ、ピザ用チーズ、餃子の皮。 サクサク。

○人参のサラダ: 人参、塩、酢、菜種油。 新鮮な人参はシンプルに食べるほどおいしいと思う。

○鶏汁: 最近よく登場する鶏汁。 今回はごぼうのささがきを入れたら、いつもの鶏汁が一味違う! ごぼうってすごい。 鶏、白菜、ネギ、聖護院大根、ごぼう、みそ
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-18 21:30 | 宮内農園のまかない料理

寒中

寒中お見舞い申し上げます

年が明けて、もう一月も半ばになってようやくブログを更新しております。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、寒に入ってから、急激に冷え込みが厳しくなっています。
寒くなると野菜は見た目が悪くなりますが、野菜も人間も見た目ではありません!

例えばちぢみほうれん草。
寒さに耐えるために地面に張り付くように生えていて、葉がビラっとしていてなんだか変な形ですが、これがおいしい!
ほうれん草って甘いんだ~!と思っていただけると思います。
特に根っこ近くは甘くて濃い味がするので、根っこごとお召し上がりください。

じゃが芋も寒さにあたり、少ししわが入ってきましたが、じゃが芋も人間も、少ししわがあるくらいが味があってよろしいかと、鏡を見ながら、いえ、じゃが芋を食べながら思います。
しかしながら、傷みも入りやすい時期。
中が茶色いものは使い物になりませんので、お手数ですがご連絡くださいませ。

f0215903_1054382.jpg

こちら、木曜日のまかない
人参が少し採れ始めました。
順次お送りしていきます。

○人参のちぢみ: 人参、ネギ、小麦粉、卵、味噌、塩、胡椒。タレは酢としょう油、ごま油、胡麻。

○スティック人参: 小僧がつまみ食いする瞬間をカメラが捉える。 子どもらは生の人参大好き。

○ほうれん草とちりめんじゃこの炒めたの

○鶏汁: 土鍋に入った汁物、これぞ農家の冬のまかない。部屋もからだもポカポカに。 鶏、大根、ネギ、白菜、みそ。

年が明けても変わり栄えのない わがやの食卓。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-01-14 22:42 | 宮内農園のまかない料理

ほうれん草の海苔和え

f0215903_22224481.jpg
ほうれん草の味がのってきました。
真冬のほうれん草のような甘みや味の濃さは、まだありませんが、その分えぐみが少なくて、いろいろな料理に使い勝手がよいかとおもいます。
炒めたり、胡麻和えにしたり、グラタンに入れたりといろいろとお使いください。

さて、そんなほうれん草で胡麻和えをつくろうと思って茹でたところで、胡麻を切らしていることに気付きました。
で、先日そばを食べたときに作っておいた麺つゆのもとをかけて、麺つゆには海苔だろうと思いつき、海苔を細切りして和えてみました。
味見するとなかなかなので、ついでにそばのときみたいにわさびを入れてみたらよいのではないかと、子供のと大人のと分けて、大人の分にはわさびを入れて和えてみました。
なかなかおいしい。

そして、食卓におくと、海苔好きの子どもらは、えらいこと食いつきよく、今までにない速さでほうれん草をたいらげました。
こんなことなら、子供の分をもっと多くしておいたのに。

胡麻を切らしたとき、海苔好きのお子様がいらっしゃるご家庭、一度お試しください。

『ほうれん草の海苔和え』 つくり方

①ほうれん草はよく洗い、根の太いものは切れ込みを入れて、熱湯で茹でて、冷水にとります。
②①の水気をしぼり(しぼる時にしょう油を少々たらしてからしぼると、水っぽくなりません)、3~5センチくらいに切り、さらに水気をしぼります。
③②を麺つゆのもと(しょう油、みりん、鰹節)で和え、細切りした海苔とあえます。
④好みでわさびを少しずつ和えれば、できあがり!
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-12-09 20:25 | 宮内農園のまかない料理

これからだ

冬野菜が畑で寒さに耐えています。
寒さの中で甘みを増して、おいしくなっていくのはこれから。
楽しみ楽しみ。
f0215903_14464285.jpg菜花。まだ花芽はつかず。

f0215903_14473624.jpgターサイ。葉っぱが花のように開いていくのは、もっと寒くなってから。

f0215903_1449252.jpg白菜。寒さの中これからまだ葉が巻くのか心配。虫食いでボロボロの状態から、ここまでになるなんて、すごい生命力だなあと感心させられます。

f0215903_14504274.jpgちぢみホウレン草。ただいま間引き作業中。寒さの中で、すこーしずつ生長して、自身の力でどんどん甘くなります。

自然の甘みたっぷりの冬野菜をお楽しみに!
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-11-27 14:54 | 畑の様子

台風

人というのはわがままなもので、この夏の日照りの続いたときには、「台風でもなんでもいいから、とにかく雨を降らせてくれ~!」と願ったものなのに、秋になって実際台風が近づくと、「あー、お願いだから、この畑の上は通らないくれ~!」と祈ったりします。

土曜日、台風の影響で、一日中雨。
我が家はみな、「低気圧」に弱いらしく・・・。
子らはぜんそく持ちだし・・・。軽い胃腸風邪もひいているし・・・。
わたしは低気圧には強いけれど、低血圧だし・・・。
ということで、土曜日は家族みんなで昼寝をしていました。

f0215903_2231879.jpg

こちらの写真は、金曜日のまかない。宅配出荷を終えた晩のもの。

○さつまいもと鶏肉の蒸し煮: 田中久美子さんの著書『お日さまごはんー大地の野菜レシピ』 から。野菜中心だけど野菜だけじゃない野菜の本。何か一品ほしいなあ、というとき、この本に助けられます。
さつまいもがごはんによく合うおかずになって、とてもおいしかった~。 

○ほうれん草のごま油炒め: えぐみが少ないので、炒めただけでおいしい。オリーブオイルの方が合うかな。

○みず菜と油揚げの炒め煮: 水菜の定番。味付けは酒としょう油。

○さやいんげんの胡麻みそ和え: さやインゲン茹でて斜めに切る。胡麻をすって、砂糖、みそ、みりんを加えてすって、さやインゲンと和える。

味噌汁が欲しいところだけれど、作る気力がなかった・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-30 22:50 | 宮内農園のまかない料理