タグ:その他いろいろ ( 24 ) タグの人気記事

野菜も肥ゆる秋

f0215903_23442670.jpg

種を蒔いたばかりの小松菜の芽。

f0215903_23452569.jpg

ちょっと前にまいた小松菜の芽。

f0215903_23461250.jpg

水菜の芽。
とりあえず、芽が出てホッ。

f0215903_23472667.jpg

芽が出ていないのは、冬菜だったかな。
蒔いたのだけれど、出てないな。

f0215903_23482955.jpg

芽キャベツ。よくみると芽キャベツがついています。

f0215903_23492123.jpg

キャベツ。
この写真だけだと、とてもきれいに出来てきているように見えるけれど・・・。

f0215903_2350428.jpg

隣にあるキャベツはこんなにボロボロ。
犯人はコイツか! 真ん中のヨトウムシ。

f0215903_23522532.jpg

秋ナス。
秋ナスがこんなにも美味しいものだったなんて!
今年初めてまともに秋ナスが採れて、その美味しさを知りました。

f0215903_23544962.jpg

この白く美しい花は、なんと空芯菜の花。
こんな花が咲くのね。
初めて見ました。

f0215903_23595192.jpg

こちらは水菜。
大株になる、冬用の水菜。

f0215903_01536.jpg

ターサイ。
真冬には大きな大きな花のように葉が開きます。

f0215903_0242.jpg

白菜も順調です。

野菜は寒くなる前に栄養を蓄えようと、日々大きくなっていきます。
秋肥ゆるのは、馬やわたくしだけでなく、万物の本能がそうさせるのでしょうか。

・・・以上、10月23日の畑の様子でした。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-10-23 23:41 | 畑の様子

食卓の季節感

f0215903_22442455.jpg

季節感まるで無しのメニュー 『スパゲッティ ナポリタン』 。
でもこの えらいこと大盛りなところが 『食欲の秋』 !

ケチャップはもちろん、宮内農園の手作りケチャップ!
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-09-07 22:50 | 宮内農園のまかない料理

畑疲労時の栄養補給に

f0215903_1418491.jpg

紫蘇ジュース!
田中久美子さん『お日さまごはん』のレシピを参考にしています。
f0215903_14255719.jpg

畑のめぐみ
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-08-05 15:17 | 宮内農園のまかない料理

この花は?

f0215903_1455812.jpg

今年初めて蒔いた、落花生。
小さな小さな花が、地面すれすれのところに咲きました。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-08-04 14:57 | 畑の様子

かぼちゃ

f0215903_14454299.jpg

こちらメルヘン。
今年は畑でカボチャの下に座布団(皿のようなもの)をしきました。
座布団の上に鎮座していたおかげで、虫食いが少なくなりました。
一手間で大きな違い。

f0215903_1448627.jpg

坊ちゃんかぼちゃ。
台風6号通貨後、枯れかけて心配しましたが、何とか採れています。

f0215903_14503030.jpg

久々にかぼちゃが食卓に。
甘くてほっこり。
子らはトマトにはもう目もくれず、かぼちゃばかり食べていました。

○モロヘイヤのサクサク天ぷら: モロヘイヤの葉っぱを、片栗粉、小麦粉、水の濃い目の衣で揚げる。低温でじっくりサクサクに。

○かぼちゃ: 坊ちゃんかぼちゃ。蒸しただけ。

○トマトと赤玉葱のサラダ: 赤玉葱スライスして、酢、しょう油、サラダ油、パセリのみじん切りに浸しておいて、トマトにかける。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-08-04 14:53 | 畑の様子

春巻きコロッケ

じゃがいもがたくさん採れて、コロコロしたじゃが芋を見ていると、
コロッケが食べたくなります。

でもコロッケって、いろいろな工程を経て、やっとこさコロッケになるわけでして、
なかなか心と時間に余裕がないと、作れないわけです。

衣なんて一人でつけていると、コロッケよりも指にばかりパン粉がついて、左右の指10本ともゴテゴテに衣がついちゃって、その上途中でパン粉が足りなくなっちゃって、新しいパン粉の袋を 「この手でどうやって開けるのよ~」ってことになっちゃって、いやもう、それならいっそのこと、この手をこのまま油で揚げてしまおうか、と思うような状態になってしまうわけです。
それはもう大変なわけです。

そこで登場するのが、春巻きの皮です!
春巻きの皮を衣にすれば、とっても簡単! 
子供に手伝ってもらっても安心! 部屋中パン粉だらけになることはありません!
f0215903_23194873.jpg


わが家で定番の春巻きコロッケ。
じゃが芋を蒸して荒くつぶして塩コショウします。
春巻きの皮に、海苔を置いて、そこにじゃが芋、ピザ用チーズをのせて巻きます。
油で揚げればできあがり!
簡単!
手もきれい!
子らも大喜び!
ぜひお試しください。

f0215903_23225259.jpg



○春巻きコロッケ

○豚肉とモロヘイヤの炒め物: モロヘイヤ、豚肉、玉葱、塩、胡椒、しょう油、みりん

○枝豆

○トマト

じゃがいも、チーズ、海苔の相性は抜群ですね。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-07-22 23:28 | 宮内農園のまかない料理

花束

夫から初めてもらった花束。
仕事から帰って、「これ・・・」と差し出される。

結婚前も結婚してからも、もらったことがなかったな、花束。
初めてだな、花束。

f0215903_22531378.jpg


春菊・・・。
畑に残っていた春菊が、咲き誇っていたらしい。
春菊・・・。
菊の花束か・・・。
ま、いいんだけどね。

f0215903_22555969.jpg

ちょっと前のまかない

○茄子の揚げ浸し: 茄子、作り置きの麺つゆの素(しょう油、みりん、鰹節)、水、酢、大葉

○空芯菜の炒め物: 空芯菜、ニンニク、砂糖、しょう油、みりん、オイスターソース

○トマトと赤玉葱のサラダ: 赤玉葱スライスを酢、しょう油、サラダ油に漬けておいて、切ったトマトにかける。パセリのみじん切り

○トマト: 子らに切っただけのを用意したけど、子らは予想外にトマトと玉葱のサラダを食べていた。

○茹でトウモロコシ
[PR]
by miyauchi-nouen | 2011-07-22 23:02 | 宮内農園のヒキコモゴモ

今年の三五八床開けました

今年みそと一緒に仕込んだ三五八(さごはち)床。
そろそろよいかな、と思って、開けてみました。
f0215903_2333813.jpg

おー! 思っていたよりも美しい出来!
蒸したもち米を使ったせいか、今までのものより硬めの床に仕上がりました。
みそのように表面に塩を振っておいたのもよかったのでしょうか。
上出来上出来!
f0215903_234217.jpg

早速、夜な夜な蕪を大量に漬ける。
f0215903_2344464.jpg

一晩で取り出して、蕪の三五八漬けの出来上がり!
表面の塩のせいか、ちょっとしょっぱいな。
そのうちちょうどよい塩梅になるかな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-24 22:58 | 宮内農園のまかない料理

オテアゲ

雨が降らない・・・。
もう1ヶ月以上、雨が降っていない・・・。
f0215903_21412275.jpg

テレビで美しい気象予報士さんが、「熱中症や、農作物の管理にお気をつけください」 と、やさしく忠告してくれます。
そんな心やさしい気象予報士さんに対して、「あなた、農作物の管理なんてしたことないでしょう・・・」と、心の中でつぶやいてしまう私は、この日照りつづきで心まで干上がってしまったのでしょうか。
我が家の浅井戸ではすぐに水が枯れてしまい、このカラッカラに乾いた畑に水をまいても、まるで砂漠にひしゃくで打ち水をしているよう。
雨が降ってくれないと、農作物の管理ができません。
・・・いえ、きっとやり方はあるのです。
湧き水をくんできて灌水するとか、水道をひくとか、雨乞いをするとか・・・。
なのに、「もう、オテアゲだあ!しょうがない!」といって、子供らといっしょに昼寝をしてしまう私が悪いのです。
心優しい気象予報士さんは、なにも悪くないのです。
気象予報士さん、ごめんなさい。

f0215903_21414488.jpg

私が昼寝をしている間に、夫はせっせと畑の後片付け、オクラを引っこ抜いていました。
食べられそうなオクラを持ってきてくれて、今シーズン、食べ納め。
我が家の定番、オクラの甘酢炒め。
今回は豚肉入り。
端境期というサバイバルな時期に突入。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-09-04 22:07 | 畑の様子

夏のカレー

まだまだ お暑うございます。
厳しい残暑が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、今年の夏は暑いということで、夏の始まりのころは、「夏野菜がたくさん採れるかもしれないねえ」などと考えていたのですが・・・。
採らぬなすびの皮算用でした。
暑すぎるせいか、雨が降らないせいか、はたまたうちの野菜の育て方に問題があるのか、とにかく今年は野菜も夏バテ気味です。
その上、虫がよく育っているようで、枝豆の葉っぱやら、なすやら、空芯菜やら、ムシャムシャと食べてくれています。
ならば秋作へ、と気分を切りかえたいところですが、人参の種など発芽が揃わなかったり・・・。
すみません、愚痴っぽくなりました。
お送りする野菜が、最近かわりばえしなくて、申し訳ございません。
でも、どれも、この酷暑の中生き延びる、生命力の強い野菜たちですので、その力を感じていただけると嬉しいです。

f0215903_22293682.jpg

写真は本日のまかない、夏野菜のカレー。
玉葱、なす、オクラ、きゅうり、調理用トマト、にんにく、しょうが。冷蔵庫にあった手羽元。
虫食いなどで出荷できなかった野菜をこれでもか!と使って、とにかく炒めて煮ただけの、なんのこだわりもないカレー。
昔はカレー作るのに、少しはこだわりがあったけれど・・・。
年を重ねるに連れて、だんだんこだわりがなくなっていったような。
(結婚後、急にこだわりがなくなったという説もある)

暑い時も、温かいものを適度にとって、どうぞ毎日お元気にお過ごしください。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-08-17 22:34 | 宮内農園のまかない料理