<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

かぶと鮭のクリームシチュー

日曜日、台風一過ですっきりと秋晴れ! とはいかず、グズグズしたお天気。
さて、和風というか昭和風のまかないが多い我が家。
今日は洋風にしますわよ! ということで、かぶと鮭のクリームシチューに。
かぶも鮭もおいしいこの時期、食べたくなるメニューです。
子らも喜んでくれるかなあと期待しつつ。
f0215903_1745427.jpg
まずはホワイトソースから。
我が家では、中華鍋と泡だて器で作ります。
底が丸いのでまぜやすく、だまになりにくい。
f0215903_1753081.jpg
そして、野菜をにた鍋に投入。
野菜はじゃが芋(キタアカリ)、玉葱、かぶ、かぶの葉っぱ。シンプル。あるものだけで。
野菜を煮るのはやっぱり土鍋です。
煮汁を中華鍋に少しいれて、ホワイトソースとまぜてから、ホワイトソースを土鍋に投入します。
塩、胡椒、そして隠し味に味噌を少し。
うーん、洋風のはずが、なにかどこか和風の域から出られない。
でも、味噌ってホワイトソースに合いますのよ。お試しください。
f0215903_175521.jpg

本日のまかない
○クリームシチュー
○ベビーリーフのサラダ

4歳の娘、クリームシチューが嫌いとかなんとかいって、一口も食べず。
母(わたし)、キレる。「もー、ぜったいシチューなんて作らないからねっ!」
・・・うちの子らは、味噌和えとか、煮物とか、茶色いおかずが好きらしい・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-31 22:53 | 宮内農園のまかない料理

台風

人というのはわがままなもので、この夏の日照りの続いたときには、「台風でもなんでもいいから、とにかく雨を降らせてくれ~!」と願ったものなのに、秋になって実際台風が近づくと、「あー、お願いだから、この畑の上は通らないくれ~!」と祈ったりします。

土曜日、台風の影響で、一日中雨。
我が家はみな、「低気圧」に弱いらしく・・・。
子らはぜんそく持ちだし・・・。軽い胃腸風邪もひいているし・・・。
わたしは低気圧には強いけれど、低血圧だし・・・。
ということで、土曜日は家族みんなで昼寝をしていました。

f0215903_2231879.jpg

こちらの写真は、金曜日のまかない。宅配出荷を終えた晩のもの。

○さつまいもと鶏肉の蒸し煮: 田中久美子さんの著書『お日さまごはんー大地の野菜レシピ』 から。野菜中心だけど野菜だけじゃない野菜の本。何か一品ほしいなあ、というとき、この本に助けられます。
さつまいもがごはんによく合うおかずになって、とてもおいしかった~。 

○ほうれん草のごま油炒め: えぐみが少ないので、炒めただけでおいしい。オリーブオイルの方が合うかな。

○みず菜と油揚げの炒め煮: 水菜の定番。味付けは酒としょう油。

○さやいんげんの胡麻みそ和え: さやインゲン茹でて斜めに切る。胡麻をすって、砂糖、みそ、みりんを加えてすって、さやインゲンと和える。

味噌汁が欲しいところだけれど、作る気力がなかった・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-30 22:50 | 宮内農園のまかない料理

さやインゲン収穫中のできごと

f0215903_2350736.jpgf0215903_23512022.jpg

火曜日、朝、恐ろしい体験をする。
それは、さやいんげんの収穫中のこと。
トンネルの天井から、ちょうどよい太さのインゲンがぶら下がっていたので、採ろうと手を伸ばしたところ・・・
何か視線を感じる!
手を伸ばした先を見ると、そのすぐ左となりの葉っぱから、顔だけ出して私をにらんでいるものが。
緑で逆三角形の顔をして目が大きい、カマキリです。
その鋭い目つきに少しひるみながらも、「あのー、わたし、インゲンとるだけなんです。あなたの縄張りに入りこむようなことはしませんから、あのーこのインゲンだけ、ちょっと採りたいんです・・・」 とカマキリごときに低姿勢になりながら、もう一度インゲンに手を伸ばしました。
すると、なんとカマキリは、葉っぱからぬうっと乗り出し、両手のカマを「シャキーン!!!」と出して、私を威嚇するではありませんか!
その鋭い目つき、「なにするんじゃー!」 とでもいわんばかりのカマの振り上げ方に、蛇ににらまれたカエルとでもいいましょうか、わたしは5秒ほど身動きできず。
すごすごと手を引っ込めて、「いやあ、すみませんでした、ほんと、すみませんでした」といいながら、後ずさりしたのでした。
たかだか5センチか10センチの小さい虫に、私は何を怖気づいているのだろう・・・。
でも、野生の生物の凄みっていうのは、ハンパじゃないですね。
本当に怖かった・・・。

f0215903_2352125.jpgこちら、『さやインゲンと鶏胸肉のオイスターソース炒め』 
作り方
① とり胸肉は適当な大きさの斜めそぎ切りにして、塩、胡椒、しょう油、みりんで下味をつけて、片栗粉をまぶしておきます。こうすると、胸肉で炒め物をしても、あまりパサパサしません。
② さやインゲンは筋があればとって、茹で、斜め切りにします。面倒なときはぶつ切りで。
③ オイスターソース、砂糖、酒、みりん、しょう油を合わせておきます。
④ フライパンに油をしいて、①を炒め、②を加えて、③をまわし入れて炒めたら、出来上がり!

インゲンは炒めてもおいしいですよ。お試しください。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-26 22:55 | 畑の様子

今年の三五八床開けました

今年みそと一緒に仕込んだ三五八(さごはち)床。
そろそろよいかな、と思って、開けてみました。
f0215903_2333813.jpg

おー! 思っていたよりも美しい出来!
蒸したもち米を使ったせいか、今までのものより硬めの床に仕上がりました。
みそのように表面に塩を振っておいたのもよかったのでしょうか。
上出来上出来!
f0215903_234217.jpg

早速、夜な夜な蕪を大量に漬ける。
f0215903_2344464.jpg

一晩で取り出して、蕪の三五八漬けの出来上がり!
表面の塩のせいか、ちょっとしょっぱいな。
そのうちちょうどよい塩梅になるかな。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-24 22:58 | 宮内農園のまかない料理

水菜と油揚げのハリハリ鍋

  秋深し
   喰うものうまし
    腹太し
f0215903_22532693.jpg

色づいた柿が枝もたわわに実る季節になりました。
今日は風が強くて、肌寒い一日に。
「こんな日は、何かあたたかいものが食べたいね」 などと夫は簡単に言うけれど、鍋料理ってほど寒くもないしねえ。どちらにしろ白菜もネギもないしねえ。
そんな夜にとても便利な小鍋料理、はりはり鍋。ハリハリ鍋といっても鯨肉は入っておらず、水菜と油揚げとお出汁があれば十分です。

土鍋に昆布とかつおの出汁をとり、酒、みりん、塩、しょう油でうどんの汁のような味にし、そこへ軽く油を切った油揚げを入れ、そして水菜を入れてさっと火を通したら出来上がり!簡単!
水菜の火の通しすぎにご注意ください。
今回鶏肉も入っていますが、油揚げと水菜の黄金コンビ、これさえあればおいしくなります。(出汁はきちっととったほうがおいしいです)
ちょっと肌寒いこの季節(そしてまだ宮内農園の白菜とネギがとれないこの季節)、重宝する料理です。
水菜をドサッとお召し上がりくださいませ。

本日のまかない
・ 水菜と油揚げのハリハリ鍋: 水菜、油揚げ、鶏肉

・ 葉ニンジンのかき揚げ: 間引き人参の葉、小麦粉、片栗粉、水。 不作の人参を間引いて。間引くなんてもったいないような気がするけれど、植え替えるわけにもいかないし。葉っぱのかき揚げはやっぱりおいしい。

・ さつまいもの塩蒸し: こどもらが保育園で掘ってきた薩摩芋。輪切りにして鍋に入れて塩と少量の水で弱火で蒸し煮する。 最後ちょっと焦がす。わざと焦がしたわけではなくて、焦がしてしまったのだけれど、ちょっと焦がすと焼き芋のような味になっておいしい。じゃが芋の塩蒸しもちょっと焦がすとおいしいですよ。ちょっとだけなら。




 
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-22 23:01 | 宮内農園のまかない料理

俺の夏は・・・

今週から野菜セットの宅配を再開。
金曜日、出荷の朝、山際に朝焼けが広がり、キンモクセイの香り漂う中、収穫を始める。
葉物やいんげん、穂じそ、枝豆などを収穫。
朝食後、調整し、袋詰め作業を始める。
葉物の調整作業を始めるも、虫食いではねるものが多く、これもダメ、これもダメ。
そして突然、夫が叫ぶ。
「俺の夏はいったい何だったんだー!!」

種は蒔けば必ず芽が出るわけではなく、苗を定植すれば必ず大きく育つわけではなく・・・。
自然と一緒に作業をしているのだから、うまくいかないことも多々あります。
そんなときは、「しかたがない」と思うしかないのだけれど、農業を生業としている以上、そこで本当に手をつくさなくなるわけにはいきません。
この夏は厳しい夏でしたが、自然との向き合い方、畑との接し方、土の作り方、一つの野菜に対する時間のかけ方などを、根本から見直すいい機会なのかもしれません。
ありがたいことに、来年もまた夏が来ます。
来年こそは!(と、毎年、毎シーズン思う)

f0215903_16552059.jpg

本日のまかない
・かぼちゃ : メルヘンは蒸しただけでおいしい。素材を生かした料理だと言ってほしい。

・枝豆 : 茹でただけ。

・葉大根とツナの炒め煮: 葉大根を炒めてツナを入れて、しょう油。

・いんげんとちりめんじゃこの炊いたの: ちりめんじゃこを空炒り、平さやいんげん斜め切り、しょう油、みりん。地味なおかずだけど、ご飯がすすむおかず。

・わかめスープ: 師匠の宇治田農場さんにいただいた鶏がらで昨日とったスープ。臭みが全くなくて、おいしい! わかめ。ネギがほしいな。

・・・金曜日は出荷ではねた野菜などでちゃちゃっと作るまかない。地味だけど、ごはんがすすみます。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-08 22:12 | 畑の様子

本日の作業とまかない

f0215903_16513230.jpg
夫、ミニ白菜の苗の定植中。
f0215903_16522529.jpg
その横で、わたくし、玉葱の畑の除草中。
本日のわたくしのパートナー、その名も 『けずっ太郎』 君。
いい仕事してくれます。
f0215903_1653767.jpg
9月中旬に植えた玉葱。
きちんと芽を出しています。
いまは太めの針くらいの太さです。
玉葱は、草取り草取り・・・、そしてこの苗を移植して、また草取り草取り・・・、そしてやっとこさ収穫にいたります。
長いこと手のかかる子ですが (といいつつ実は毎年ほったらかしですが)、大切な、欠くことのできない野菜です。
今年は早め早めに草取りをしたいなあと・・・。できるかなあと・・・。

f0215903_16533878.jpg
本日の昼のまかない
いんげんと赤万願寺唐辛子の和風カルボナーラスパゲッティ
お昼の炭水化物はパスタしかないけれど、入れる野菜がなにもない。
ということで、畑に食べられそうなものを探しに行く。
そんなこんなで出来上がった、サバイバルなスパゲッティ。
残り物の豚肉少しと枝豆少しを加えて。
たまごとしょう油をからめて。
なかなかおいしいまかないスパゲッティとなりました。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-10-01 16:30 | 畑の様子