<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オクラの畑

f0215903_1151258.jpg
お暑うございます。
暑くて暑くてもうダメ~、という時期に採れ始めるのがオクラ。
オクラの花は凛として、どこか冷ややかで、美しい。
f0215903_1151364.jpg
そして、花が落ちるとそこには、オクラの実がつきます。
オクラの実はぶら下がって生るのではなく、ツンと空を向いています。
f0215903_11515968.jpg
オクラのトンネル。
今はまだ人の背丈より低いので、かがみながら収穫しますが、そのうちどんどんと背を伸ばし、手を伸ばして収穫するようになります。
オクラの季節は暑さもピークに。
オクラをたくさん食べて、夏バテ防止してください。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-31 11:55 | 畑の様子

雷様

先日の日曜日、
夕方からこの辺りは、非常に激しい雷雨に襲われました。
雷雲が真上で停滞していたのか、ピカピカ ゴロゴロ、ドッシャーン! パーン!と、何時間も荒れていました。
すぐ近くで何回か落雷があり、3~4時間ほど停電し、辺り一帯ずっと真っ暗。
ろうそくの灯りのもと、子供たちはおへそを取られないかと心配し、夫は蒔いたばかりの人参の種が雨で流されないかと心配し、私は買ったばかりのファミリーサイズのアイスクリームが溶けてしまわないかと心配しておりました。(全て無事でした)
いろいろ心配したものの、干からびそうだった畑には、恵の雨となり、人参もうまく発芽してくれるのではないかと思っています。

f0215903_22494191.jpg
写真は雷とは全く関係がないのですが、トマト仕事第2弾、トマトピューレ。
先日、トマトに関するちょっとした事件があり、これはだいぶ前に収穫して、追熟しすぎたトマトを使用。
少ししか出来ませんでしたが、ちょこちょこと作ろうかと思っています。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-27 22:54 | 宮内農園のまかない料理

トマト仕事

木曜日
猛暑日
トマト仕事始まる

ミニトマトを干して、
f0215903_1523343.jpg

オーブンで焼いて、
f0215903_1531062.jpg

トマト仕事の第一弾は、ドライミニトマトのオイル漬け!
f0215903_1535766.jpg

・・・一回目は、ちょっと焦がしてしまった。

※柳瀬久美子さんの 『おいしい待ち時間 私の保存食』 を参考にしています。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-22 20:01 | 宮内農園のまかない料理

トマト丼

f0215903_16271639.jpg
野菜と一緒にお送りする「農家のまかないレシピ」に、よくご馳走レシピをお寄せくださる、N様。
N様は、プロ顔負けのお料理上手で、おもてなしの手の込んだお料理から、保存食、かまぼこなども作ってしまうという、達人です。
まかないレシピにレシピをお寄せくださる時は、よく分かっておいでで、パパッと作れて、その上おいしい、というご馳走レシピばかり教えてくださいます。
N様、いつもありがとうございます。

そして、そのN様のレシピの一つ、『トマトの卵とじ』。
大玉トマト3つほどをざく切りにして、形がなくなるまで炒めて塩コショウ、そこに溶き卵を1つ入れれば出来上がり!という、とても簡単、超スピードメニューで、これがまたおいしい!
卵は少なめで、ゆるくとじるのがおすすめです。
教えていただいてからというもの、わが家では、トマトの季節は週4~5回食卓にのぼるのではないかというほど、定番になりました。
食欲のない朝も、これさえあれば、ご飯が進みます。
そして、「ご飯にのせると、これがおいしいのよ~」、と聞いたときは、「え、ご飯にですか?」と半信半疑だったのですが・・・、のせてみると、これがまたおいしいのです!

で、昼ごはんは、もう丼にしちゃえ! といことで 『トマト丼』。
豚肉を入れてボリュームUPしたり、しょう油を少し加えたり、その日の気分でアレンジします。

トマトたっぷり、リコピンたっぷり、ご飯もりもり。
これぞ、農家の夏のまかない!

こちらは、晩のまかない
f0215903_16383862.jpg

○バンバンきゅうり: バンバンジーだけど、下に敷いたキュウリが多い。キュウリ(夏ばやし)、鶏胸肉蒸してさく。バンバンジーのタレの作り方がよく分からなかったので、練り胡麻のビンにかいてあったレシピを参考にして作る。暑い日はこういうの、いいですね。

○とうもろこしとチーズの春巻き: とうもろこしは生のまま粒を包丁でむくようにしてはずす。春巻きは、斜めに半分に切って、とろけるスライスチーズ、とうもろこし粒をのせて巻き、揚げる。

○茄子の揚げ浸し: 茄子の皮目に切り込みを入れて、揚げる。作りおきの麺つゆ、酢、水、大葉のせん切り、をまぜて、茄子を入れて冷やす。

○トマト: ミニトマトと大玉トマト。一日にいったいどれだけトマトを食べているのだろう・・・。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-21 22:05 | 宮内農園のまかない料理

夏風邪

今週は、こどもの夏風邪がうつり、久々に子供並みの高熱を出しました。
熱の高さは子供並みでも、回復のスピードは子供と違ってゆっくりで、この一週間何をしていたのか、記憶がありません。
今週水曜日のお客様、ご心配をおかけしました。
おかげ様で、もうよくなりました。
みなさまも、夏風邪にはくれぐれもお気をつけくださいませ。
f0215903_2216342.jpg

写真は、いつぞやのまかない。
熱を出す前のもの。

・モロヘイヤのサクサク天ぷら: 衣は、小麦粉、片栗粉、水だけ。モロヘイヤの葉っぱを一枚ずつ衣につけて、低温でサクサクになるまで揚げる。スナック菓子のような、パリパリサクサク。高温だとすぐに焦げるので注意。衣はもう少し濃い目ほうが、おいしいかな。
モロヘイヤの食べ方はいろいろあるけれど、わたしはこのサクサク天ぷらが一番好きだな。
・トマトのサラダ: トマト、玉葱スライス、塩、胡椒、酢、しょう油、菜種油。
・胡瓜とチリメンジャコの和え物: 胡瓜(夏ばやし)をスライスして、塩もみ。しばらくして水をしぼり、チリメンジャコと和えただけ。あっさりしていて、最近のお気に入り。
・セロリの甘酢漬け: セロリの茎をスライスして軽く塩もみ。砂糖、酢、しょう油、塩、に一日漬け込む。

※高熱でうなされていた2日間は、夫にスーパーでお弁当を買ってきてもらった。
子供たちは大喜びだった。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-16 22:19 | 宮内農園のまかない料理

小暑の頃

小暑に入り、これで『小』なの?という暑さ。
湿度も温度も高い、こんなむし暑い季節は、雑草がグングン大きくなる。
「親戚の子は成長が早い」 とよく言うけれど、この時期、雑草もちょっと見ない間にびっくりするほど大きくなっている。
昨日は「まだ大丈夫、草取りは先に延ばそう」と思っていた畑が、今日見ると何の畑か分からないほど雑草が茂って、「あれっ、一日見ない間に、もうこんなに大きくなったの!? おばちゃん、びっくりやわ~」 。
こっちの畑の草を取って、あっちの畑にいくと、また草ボーボーで、「もう、おばちゃん、びっくりやわ~」。
2回目にまいたナスをみると、もう一番果が生っていて、「またおばちゃん、びっくりやわ~」。
久々に姪っ子に会ったときのように驚く。

f0215903_233943100.jpgごぼうの畑。
右の畝は、草取り前。左の畝は、草取り後。

f0215903_2340974.jpg草と里芋。

f0215903_23403037.jpg「つかまるものが欲しいよう」と訴える胡瓜のつる。
奥に一番果を生らせる2回目のナス。

f0215903_23405740.jpg去年のこぼれ種で勝手に大きくなった野良ひまわり。

もう、おばちゃん、びっくりばっかり。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-10 23:46 | 畑の様子

プリップリの

夏野菜のアイドル、とうもろこしが採れ始めました。
皮をむくと、プリップリに実がつまったとうもろこしが。
f0215903_179191.jpg

茹でるとさらにプリップリ!
f0215903_1792544.jpg

食べるとさらにプリップリ!
f0215903_17101136.jpg

朝採り、新鮮なとうもろこしを、どうぞご堪能ください。

f0215903_1715439.jpg

本日のまかない
・プリップリとうもろこし: めんどくさいので、皮付きのまま茹でた。
・枝豆: めんどくさいので、枝つきのまま茹でた。
・蒸しナスの中華風サラダ: ナスを蒸して、作りおき麺つゆ、酢、ごま油、ごまで和える。冷やすとおいしい。
・セロリの葉のかき揚げ: セロリの茎は甘酢に漬けておいて、残った葉っぱを、小麦粉、片栗粉、水だけのサクサク衣で揚げる。揚げたてに塩。
・ミニトマト
・・・金曜の出荷後の夕飯、夏はいつもこんなかんじです。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-09 21:07 | 宮内農園のまかない料理

ホタル

f0215903_2245968.jpg
日曜日 
くもり一時雨 風なし
ホタル見日和
夜、近くの谷津田にホタルを見に行く。
ふうわり ふうわり と ホタルは飛んで、ほぉぉ、、、ほぉぉ、、、と光る。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-04 21:53 | 宮内農園のヒキコモゴモ

枝豆のちらし寿司

f0215903_1727588.jpg
気がつけば6月は終わっていて、もうすぐ七夕。
むし暑さは今がピークなのでしょうか。
連日、晴れていようが雨であろうが、ムシムシして、それでもってベタベタしています。
笹の葉のように、空気もさらさらとしてほしいものです。

食欲が減退してしまいそうなこんな季節は、お酢の力を借りて、食欲UP!
ということで、本日のまかないは、枝豆のちらし寿司。
枝豆は新鮮なほどおいしいので、採ったその日に食べるようにしているのですが、食べきれないときもあるわけです。
でも4歳の枝豆好きの娘は、2日目の枝豆となると、「今日のはなんだかおいしくな~い」 とコニクタラシイことをいうわけです。
なので、2日目の枝豆はちらし寿司にでもしちゃおうということなわけです。

枝豆はできれば薄皮もとったほうが色がきれいで、食感もよいのですが、今日は面倒なので、そのまま。
焼き鮭のほぐしたのか、ちりめんじゃこをいれたいところですが、なかったので、ツナのオイル無添加のを加えて。
大葉は子供が嫌いなので、大人だけトッピング。
むし暑さでご飯が進まないことが多かったのですが、寿司飯だともりもり食べられます。
簡単ですし、この季節、おすすめのご飯です。

本日のまかない
・枝豆のちらし寿司
・茄子と空芯菜の味噌炒め: 空芯菜、茄子、にんにく、味噌、砂糖、みりん、酒、しょう油少々
・きゅうりの胡麻酢和え: きゅうり(夏ばやし)、酢、すり胡麻、しょう油、砂糖、塩。ミョウガが入ったらもっとおいしそう。来年はミョウガ作りたいな。
・枝豆: なんだかんだいって、収穫2日目の枝豆もおかずに。
・ミニトマト: 子供らはこれさえあればいいらしい。
[PR]
by miyauchi-nouen | 2010-07-03 21:01 | 宮内農園のまかない料理